スミセイアフタースクールプロジェクトは「学童保育」、「放課後子ども教室」など、全国の小学生の放課後を応援しています。

私たち「スミセイアフタースクールプロジェクト」についてAbout Sumisei After School Project

プロジェクト概要と3つの取り組み

小学生の放課後の生活の場、居場所である全国の「学童保育」や「放課後子ども教室」をより楽しく、
子どもたちが成長できる場所とすることを目指し、以下のコンテンツを全て無償で提供しています。

支援対象全国の学童保育や放課後子ども教室等全国の学童保育や放課後子ども教室等

  • スミセイアフタースクールプログラム

    全国の学童保育等に出向き、「いのち」「健康」「未来」をテーマにしたプログラムを実施します。スペシャルプログラムとして学童保育等の子どもたちの夢をかなえるプログラムも実施します。

    くわしく見る

    取り組み1

  • 日本のあそび世界のあそび

    他の地域がどんな遊びをしているのか、世界と日本のあそびを地域別に紹介しています。詳しいあそび方も載せているのですぐにあそぶことができます。

    くわしく見る

    取り組み2

  • あそびツールダウンロード

    すごろくやペーパークラフトなど、ダウンロードしてすぐにあそべるツールをたくさん用意しています。

    くわしく見る

    取り組み3

  • 放課後をもっと楽しく!book

    学童保育等において楽しい時間を子どもたちに過ごしてもらうために指導員の方のための冊子を提供いたします。「スミセイアフタースクールプログラム」に応募いただいた全ての団体へ差し上げています。

    くわしく見る

    その他

これまでの実績

本プロジェクトが発足してから多くのプロジェクトを行い、
たくさんの子どもたちにあそびを届け、その活動が評価されてきました。

130ヶ所

これまで130ヶ所に
プログラムを届けました。

4,000

全国の約4,000人以上の
子どもたちに
あそびを届けてきました。

それ以外にも

新しいあそびツールや
日本のあそび、世界のあそびなど、
たくさんのあそびを
随時更新中!

  • 「グッドデザイン賞」
    (2017年)

  • 「健康寿命をのばそう!アワード 厚生労働大臣最優秀賞」(2015年)

  • 「キッズデザイン賞」
    (2014年)

  • 文部科学省「青少年の体験活動推進企業表彰審査委員会奨励賞」(2016年)

プロジェクトの背景

小1の壁

共働き世帯やひとり親世帯において、保育園の時代は子どもを預ける先があったものの、小学生になると放課後の子どもの預け先に悩み、結果として仕事を辞めざるを得ないという社会問題が「小1の壁」です。
全国に2万ヶ所以上の学童保育がありますが、学童保育の待機児童は把握できた数で約9000 人、また、潜在的なニーズは 40 万人と言われ、「もう一つの待機児童」と呼ばれる社会問題になっています ※1
現在、保育園の数が急速に増えており、今後学童保育の利用者もそれに伴い増加する見込みで、「もう一つの待機児童」はますます重要な問題になってくると思われます。
かつて、子どもたちは放課後になるとランドセルを放り出して外で遊んでいました。近所のお兄さんお姉さん、おじさんおばさんと遊ぶなど、地域の人に見守られていました。しかし現代、子どもたちは外で遊びづらくなり、子育ち・子育てが難しい世の中になってきています。そんな中、学童保育等はますます子育ち・子育てのインフラとして必要とされてきています。
学童保育等を皆でサポートし、より充実していくことが、女性の働きやすい環境を創り出す上でも欠かせない、と考えています。 ※1 平成26年7月全国学童保育連絡協議会調査

学童保育の今後

2015 年4 月の「子ども・子育て関連3法」によって学童保育は制度的に大きな変化を迎えました。
変化の1つとして、対象年齢が現在の「おおむね10 歳未満」から「小学生」に拡大されることが挙げられます。これは学童保育において6 年生までの受け入れを義務化したものではないですが、高学年の子どもたちにもふさわしい学童保育等のあり方について考えるきっかけとなると思われます。
今後、家でひとりで留守番をして過ごすというような子どもを増やさないために、高学年にとっても魅力的な場所にしていく必要があります。そのためにも、今こそたくさんの大人が子どもたちの放課後に関わり、みんなで学童保育等の支援をしていくことが重要です。
日本は寺子屋の文化があり、地域で子育ち・子育てをしてきた国でした。その地域のつながりが薄れつつある今こそ、社会全体で子どもたちの放課後を応援していきましょう!

スミセイアフタースクールプロジェクトでは、全国の学童保育等をサポートすることで
子どもたちがより豊かな放課後を過ごせるように取り組みます!

私たちが大切に考えていること

子育ち

放課後に楽しいプログラムや
遊んで学べるツール等を提供することにより、
皆で遊ぶキッカケをつくり
子どもが本来もっている自ら成長する力
「子育ち」を応援すること

子育て

地域や市民などの力を借り、
社会全体で「子育て」に取り組む
仕組みをつくること

運営主催等について

  • 助成

    住友生命保険相互会社

  • 運営主体

    特定非営利活動法人
    放課後NPOアフタースクール

スミセイアフタースクールプログラムへの応募はこちら

スミセイアフタースクールプログラムを呼びたい!という方はお気軽にご応募ください。
年間50ヶ所、全国どこへでも無料で出張授業をお届けします!

次回募集は来年度

お問い合わせ