スミセイアフタースクールプロジェクトは「学童保育」、「放課後子ども教室」など、
全国の小学生の放課後を応援しています。

後援

活動ブログReport

いのちのプログラム「いのちによりそう、看護師」@兵庫県神戸市

プログラム いのち

IMG_0970-thumb-700xauto-193

 

今回は、兵庫県神戸市にて実施したのは、看護師「いのちのプログラム」です。
小学1年生から5年生までの25人がプログラムに参加してくれました。

 

IMG_0974-thumb-700xauto-192

 

訪問看護師の川上先生は、
お仕事のなかで出会った人々の「いのち」との向き合い方についてお話してくださいました。

 

IMG_0976-thumb-700xauto-195

 

にぎやかだった子どもたちも、先生のお話がはじまると、
自然と静かになり、表情もとても真剣です。

 

IMG_0980-thumb-700xauto-196

 

後半はいよいよ実技の時間です。
先生のお手本をよく見てね!

「むずかしいよ~」なんて声も聞こえたけど、
みんなうまくできるかな...

 

IMG_0991-thumb-700xauto-197

 

「逆じゃない?」

「ちがうよ、ここは、こうだよ」

お互いに教え合いながら、ペアに包帯を巻いてあげます。

 

IMG_0988-thumb-700xauto-198

 

先生にとっても上手!と驚かれている子も。
意外な特技の発見です。

「お家でも出来そう?」と聞いたら
「簡単だよ!」と得意げな返事が返ってきました。
大切な人がけがをしたとき、サッと対処することができたら
かっこいいよね。

 

IMG_1013-thumb-700xauto-201

 

腕に巻くのは簡単だったけど、
指に巻くのにみんな苦戦中・・・

 

IMG_1039-thumb-700xauto-199

 

実技の後は、
訪問看護師さんのかばんの中身を紹介!

なんと出てきたのは、みんなが良く知っているサランラップ。

「ラップでケガが治るって知ってた?」
みんなとてもびっくりしていました!

 

IMG_1040-thumb-700xauto-202

 

「これで瞳孔を見るんだよ。ほら、見て」
「ほんとだ~!!」
「○○ちゃんのは?」
「○○くんの目おっきいよ!」
みんなで顔を覗き合って大賑わいでした。

サランラップやライトなど、
珍しいものではないけど、こんな使い方があるなんて知らなかったよね。

 

IMG_1043-thumb-700xauto-200

 

今日のお話は、みんなには少し難しかったかもしれないけれど、
家族やお友達がけがをしたとき、みんなにはできることがあるってことがわかったね!

ぜひお家の人に今日の話をしてあげてほしいとおもいます。
ありがとうございました!


応募はこちら

スミセイアフタースクールプロジェクトでは年間50ヶ所、全国どこへでも無料で
プログラムをお届けします!お気軽にご応募ください!

プロジェクトにご応募いただいた団体にもれなく、学童保育等でご活用いただける
支援員の方のための小冊子「放課後をもっと楽しく!BOOK」をプレゼント!

 
実施団体募集中!

スミセイアフタースクール
プロジェクトの
応募はこちらから