スミセイアフタースクールプロジェクトは「学童保育」、「放課後子ども教室」など、
全国の小学生の放課後を応援しています。

後援

活動ブログReport

「なんで?」から「なるほど!」にワクワクサイエンス体験/「サイエンス」@山形

オンライン いのち

葉の色も徐々に黄色やオレンジに色付き、冬へと近づいた11月中旬。 山形県の団体へオンラインでプログラムをお届けしました。

 

今回、お届けしたのは、「いのちかがやくサイエンス」です。 多くのメディアにも出演されたことのある松延先生をお招きし、科学の不思議をクイズ形式で教えてくれました。

 

画面越しでありながらも、リアルタイムで化学の不思議が次々に起こり、「お〜!すごい。」と声をあげる子どもたち。

 

空気圧を活用したグラスの実験では助手のグッティーが危険な目に!

「(水の入った)グラスをななめに傾けてもいい人?」

と先生が聞くと子ども達は元気よく手を挙げていました。(でも空気圧でグラスの水はこぼれない)

 

 

特に多くの子どもたちが夢中になっていたのは、ブラックライトを使用した液体の実験。 クイズ形式で実験の結果を予想した後、実演で答え合わせをします。 この実験では、実際に現地の先生が、オンライン上にいる松延先生と一緒に子どもたちの前で披露しました。

 

さて!ここで、ブログを読んでいる皆さんにも問題です。

Q.以下の液体の中でブラックライトで光るのは? 1.お茶 2.ビタミンドリンク 3.コーヒー

 

 

「うわ〜!光ってる。すごい」 子どもたちが声をあげたのは...

2のビタミンドリンク。

ピカッと暗闇の中でもキラキラ光りました。 声を出して反応する素直な子どもたちに松延先生も終始にっこり笑顔に。

 

様々な化学の不思議を体感し、実験は終盤へ。 松延先生から「知らなかった、と思うためには、知らなかったと思うだけの知識や経験が必要なんです。みんなには色々なことを知っている・経験している人たちになってほしい」というメッセージが子どもたちへ届けられました。

 

 

そんな先生のメッセージも真っ直ぐな瞳で受け取っていた上郷地区放課後子ども教室のみんな。 とても温かく、サイエンスの不思議を全体で楽しむことのできた空間でした。 上郷地区のみんな、ありがとうございました!


応募はこちら

スミセイアフタースクールプロジェクトでは年間50ヶ所、全国どこへでも無料で
プログラムをお届けします!お気軽にご応募ください!

プロジェクトにご応募いただいた団体にもれなく、学童保育等でご活用いただける
支援員の方のための小冊子「放課後をもっと楽しく!BOOK」をプレゼント!

 
実施団体募集中!

スミセイアフタースクール
プロジェクトの
応募はこちらから