スミセイアフタースクールプロジェクトは「学童保育」、「放課後子ども教室」など、
全国の小学生の放課後を応援しています。

後援

活動ブログReport

未来のプログラム「やってみよう!スラックライン(綱渡り)」@群馬県安中市

プログラム 未来

東京より暑い…けど、空気はさわやか!

7/24群馬県安中市にある東横野学童クラブにやってきました。

 

プログラムは子どもたちに大人気のスラックライン!

立派な体育館を用意していただきました。

IMG_9341

参加してくれた子どもたちは29名。

ドキドキしながら整列してくれています。

 

いよいよ先生の登場!

スラックライン世界チャンピオンの福田恭巳先生と日本チャンピオンの草刈宏之先生です!

IMG_9347

堂々としていてカッコ良いですね!

 

福田先生によるデモンストレーションがはじまりました!

IMG_9351

ほそーいラインの上を歩いたり、しゃがんだり、ジャンプしたり

IMG_9352

極めつけは、ラインの上にリラックスして座っています!すごい!!!

IMG_9423

子どもたちも学童の先生方も世界チャンピオンの美技にうっとりしています。

「すごーい!」「どうやってやるの?」みんな興味津々です。

 

デモンストレーションのあと、福田先生から今日のプログラムの目標が発表されました。

 

“スラックラインを知って、楽しむこと”

“できる子は、ラインの上でしゃがめるようになること”

 

しゃがめるように!?できるようになる子はいるのかな…

がんばれ!みんな!

 

目標に向かって、まずはイメージトレーニングです。

IMG_9353

 

IMG_9355

ラインの上ではなく、床の上で片足立ちをします。

IMG_9354

床面でも難しい。両手を広げてバランスをとります。

 

そして、いよいよラインの上に乗って練習してみます!

①ラインの上に立つ練習

IMG_9361

 

IMG_9365

みんなで20秒数えながら、応援します。

「いーち、にーい、さーん…」「がんばれー!」

IMG_9373

右足も左足も交互に練習します。

IMG_9367

20秒って、意外と長いんだね。

 

②ラインの上を歩く練習

IMG_9380

まずは2歩から。

「いち、に!」

IMG_9393

 

IMG_9391

「コツは背中をピーンと伸ばして、前を見ることです!」

福田先生、草刈先生の指導にも熱が入ります!

 

みんなだんだんと上手になり、

中にはラインの端から端まで歩けるようになった子も!

 

③できる子はランクアップ

IMG_9386

高さを上げて歩いてみます。

高学年の子どもたちはチャレンジャーたちでした。

IMG_9390

途中で落ちてしまっても、

「もう1回!」とまた並び直します。

 

そして、いよいよ今日の目標、

ラインの上でしゃがんでみます!

 

福田先生がお手本をみせてくれました。

IMG_9401

そうですよね、いきなりはできないですよね。

と思っていたら!

IMG_9403

なんと1人目の男の子があっさりしゃがんでしまいました!

すると次々に成功者が!

IMG_9405

 

IMG_9406

目標達成!すごい!!!

 

④フリーチャレンジ

好きなラインに並んで技を磨きます。

IMG_9412

 

IMG_9413

みんな夢中になってチャレンジしています。

これにて練習終了。90分あっという間だったね。

 

最後に、福田先生から

みんなにメッセージをいただきました。

IMG_9422

「私は大好きなスラックラインをがんばり続けたら、世界チャンピオンになれました。だからみんなも自分の好きなことをがんばってください!」

 

プログラム終了後は、学童で採れたトマトをおいしくいただきました。

IMG_9436

みずみずしくて甘くておいしい!

 

東横野学童クラブの先生方、準備後片付けにご協力くださった方々、福田先生、草刈先生、ありがとうございました!おかげさまで、子どもたちの「できた!」に何度も出会うことができました。

IMG_9434

東横野学童クラブのみなさん、自分の好きなことにがんばってチャレンジし続けてくださいね!目指せ世界チャンピオン!!!


応募はこちら

スミセイアフタースクールプロジェクトでは年間50ヶ所、全国どこへでも無料で
プログラムをお届けします!お気軽にご応募ください!

プロジェクトにご応募いただいた団体にもれなく、学童保育等でご活用いただける
支援員の方のための小冊子「放課後をもっと楽しく!BOOK」をプレゼント!

 
実施団体募集中!

スミセイアフタースクール
プロジェクトの
応募はこちらから