スミセイアフタースクールプロジェクトは「学童保育」、「放課後子供教室」など、
全国の小学生の放課後を応援しています。

後援

活動ブログReport

レベルアップ!全身元気なわとび@山形県鶴岡市

プログラム 健康

9月19日、少し肌寒くなり、秋の空気を感じる山形県に『レベルアップ!全身元気なわとび』プログラムをお届けしました!

今回は小学校ではなく、コミュニティーセンターをお借りして放課後子ども教室を運営されている上郷コミュニティーセンターでの実施でした。

施設内には勉強をする部屋、ステージ発表ができるホール、運動ができる体育館と素敵な設備がたくさんあり、うらやましい。。。と感嘆の声漏れる場面も。

午前中の勉強会では、13名の方にご参加いただき、その中には放課後子ども教室運営委員長さん、小学校の校長先生、教育事務所の方、教育委員会の方、現場のコーディネーターさん、サポーターさんと、現場の方だけでなく、多くの行政の方々にもご参加いただきました!

特に印象的だったのは、運営委員長さんの「年間270回子ども教室を実施している」とおっしゃっていたことです。
夏休みにも開室し、全校児童90名ほどの学校で、60名登録があり、40名ほどが毎日来ていることも教えていただき、地域に子ども教室が子どもたちの居場所になっている地域で、熱意を感じることばかりでした。

 

プログラム前の時間、コミュニティーセンターに来た2年生の女の子に『今日は何人なわとびに来るの?』と聞くと、『2年生が22人いるんだけど、18人来るよ!』とのこと。子どもたちの期待の大きさが伝わります!

そしていよいよ『生山ヒジキ先生のレベルアップ!全身元気なわとび』プログラムです!
体育館になわとびを片手に来る子、跳びながら来る子とみんな楽しみな様子!
ヒジキ先生が登場するまでも『どこから出てくるかな?』とソワソワ…。
先生の登場からデモンストレーションまで終始大盛り上がり!『あんなの見たことない…すごい!』『めったに見られないよ!』との声も多く聞こえました。

 

なんと、世界ギネス記録も更新され、日本人プロスポーツ選手ギネス記録保持数1位の9つのギネス記録を保持されています!

 

いよいよみんなで跳ぶ時間!前跳び、あや跳び、と挑戦していきます!45名でのなわとびは圧巻!
体育館いっぱいになわとびのビュン!という音が響きます!

サポーターさんも子どもたちと一緒に挑戦!

あや跳びのポイントでは、『あや跳びを跳んでいると思わず、前跳び、こうさ跳び、前跳び…と思いながら跳ぶと上達します!』とヒジキ先生!

すると子どもたちから『1回しか跳べなかったのが5回に増えたよ』と嬉しそうな声が聞けました!

かっこよく縄跳びを止める方法も教えてもらい『できた!』の瞬間です!

高学年の男の子たちもヒジキ先生の話を夢中で聞いています。最後は二重跳びに挑戦!

二重跳びのポイントを聞き、『短いなわとびに変えてほしい!』と言ってくる男の子たちも!最後は先生にスペシャルカードをもらって子どもたちも大喜び!

 

この日お世話になりました、生山ヒジキ先生、上郷地区放課後子ども教室のみなさま、本当に楽しい時間をご一緒させていただきありがとうございました。

 

今回初めてスミセイアフタースクールに参加させていただき、地方の熱い想いや子どもたちのエネルギーを感じることができ、まだまだ放課後NPOアフタースクールのスタッフとしてレベルアップしていき、『全国へ!』というスローガンを今以上に広げていきたいと感じました。

 

多くのスタッフさんはじめ現地の方々の温かさを感じるプログラムとなりました!

 


スミセイアフタースクールプログラムへの応募はこちら

スミセイアフタースクールプログラムを呼びたい!という方はお気軽にご応募ください。
年間50ヶ所、全国どこへでも無料で出張授業をお届けします!

実施団体募集中!

お問い合わせ