スミセイアフタースクールプロジェクトは「学童保育」、「放課後子ども教室」など、
全国の小学生の放課後を応援しています。

後援

活動ブログReport

健康のプログラム「Let's play ドッジボール」@長野県上伊那郡辰野町

プログラム 健康

マイナス13度極寒の冬の長野県上伊那郡で辰野西学童クラブのみなさんと「Let's playドッジボール」を楽しんできました。

当日は元気な1年生から5年生の59人が集まってくれました。
開始前30分以上前から待ちきれない子供たちは体育館で大はしゃぎです。

IMG_8257A

そこへドッジボール日本代表選手兼監督の吉田選手、女子日本代表の野沢選手登場。元気な挨拶とともにおふたりのキャッチボールのボールの勢いに早くも騒然!!

IMG_8269ー2

みんなで大きな声を出し準備運動も実施し、いよいよボールを使ったドッジボールのレクチャーへ。

IMG_8275ー3

ドッジボールは「なげる」「とる」「よける」の3要素から構成されていることを改めて把握します。それではまず「なげる」から練習。

IMG_8282ー17

なげる時のコツは「半身」「片足」「体重移動」の3つ。
では早速5列になって、投げる練習。吉田選手、野沢選手に一生懸命投げるみんな。なかなかの力強さ。

IMG_8287ー4

でも「なげるはただ投げるだけじゃダメだよね」と。「ねらい・コントロール」についても手とり足とり指導してくれました。「最後まで顔(目)・手・足を狙いう方向に残すこと」「勢いが良くても投げたあとに顔を下向けたらだめだよ」

IMG_8295ー1

次は「とる」確実に取れないと、ボールに当たってしまう。確実にボールを捕るためにはどうするか。「気を付け」「休め」「腰を落とす」この3行動を何度も繰り返し、体に覚えさせます。

IMG_8314ー6

あとは「脇を締め」「下からとる」それでしっかりキャッチ。
キャッチが上達した4人に前に出てもらい、お手本披露。

IMG_8326ー7

選手の本気のボールも凄い音とともに豪快にキャッチする子どもたち。
すっかり上手になりました。

IMG_8307ー5

さすが!腰を落とす姿勢も様になってます。

IMG_8320ー8

休憩を挟んだら、いよいよお待ちかねの「試合」形式練習はじまりです。

IMG_8328ー9

学年別に3分3試合です。
みんな真剣な表情。さあ、上達した「なげる」「とる」を披露しよう。

IMG_8343ー10

勝ったチームはこの表情。「ヤッター!!!」「イエイ!!」

IMG_8345ー12

最後は「子どもチーム」対「大人チーム」
上手くなった子供たち相手に大人も真剣です。

IMG_8356ー13

吉田選手は試合中も「気を付け」「休め」「腰落とす」と大声でとる姿勢を覚えさせます。

IMG_8358ー14

試合終了後はみんな集合し、最後に吉田選手からお話です。
放課後という仲間と一緒に過ごす時間は当たり前ではない。大事に過ごすよう。」また「周りへの感謝、特にいつも一緒にいてくれる先生への感謝はドッジボールより大切。」というありがたいメッセージをいただきました。

IMG_8277ー11

終わったあとも子供たちは選手にお願いしてサイン会の長い列。興奮冷めやらぬ中での終了でした。

IMG_8388ー16

極寒の冬の長野県上伊那郡でとても熱いプログラムが実施できました。
今回お世話になりました辰野西学童クラブのみなさん、湯川先生、吉田選手、野沢選手本当にありがとうございました。


応募はこちら

スミセイアフタースクールプロジェクトでは年間50ヶ所、全国どこへでも無料で
プログラムをお届けします!お気軽にご応募ください!

プロジェクトにご応募いただいた団体にもれなく、学童保育等でご活用いただける
支援員の方のための小冊子「放課後をもっと楽しく!BOOK」をプレゼント!

 
次回募集は来年度