スミセイアフタースクールプロジェクトは「学童保育」、「放課後子ども教室」など、
全国の小学生の放課後を応援しています。

後援

活動ブログReport

未来のプログラム「やってみよう!スラックライン」@宮城県女川市

プログラム 未来

IMG_5060 (1)-thumb-700xauto-840

 

本日は、日本有数の漁港の女川漁港がある、宮城県女川市にやってまいりました。
東日本大震災では壊滅的被害を受けましたが、復興へ向けてまちづくりが進んでいます。
元気いっぱい!女川っ子アクティブクラブ53名のみなさんとともにスラックラインのプログラムです。

 

スラックライン1-thumb-700xauto-841

 

地元の方がスラックラインを女川に広める活動をしている影響で、このクラブのみなさんはすでにスラックラインを全員経験したことがあります。
学校の体育館には、その方がつくってくださった、木でできたスラックラインがありました。

 

IMG_2439-thumb-700xauto-842

 

本日の講師は、おなじみの福田恭己先生と草刈宏之先生です。
おふたりとも、数々の栄光を手にしてきた選手です!
子どもたちは、スラックラインを知っているせいか、先生の姿をみて興奮している様子でした。

 

スラックライン5-thumb-700xauto-843

 

まずは、先生のお手並み拝見!
「すごーい!」
「こんなにすごいの初めてみた!」
と、大きな歓声が終始上がっていました。
先生たちのスゴ技連発にとてもキラキラした表情の子どもたち。

 

スラックライン6-thumb-700xauto-844

 

はじめに、基本の形をみんなで練習します。
しっかりと顔をあげ前をみて、腕を左右に振りながらバランスをとります。
スラックラインの上でもしっかりとできるかな?

 

スラックライン8-thumb-700xauto-845

 

そしていよいよ実際にスラックラインの上で練習の時間です。
まずは30秒間ラインの上でバランスをとりながら立っていることができるかやってみます。

 

スラックライン9-thumb-700xauto-846

 

先生にコツを教えてもらいながら、何回も挑戦します。
だんだん長くラインの上にいることができるようになり、とてもうれしそうな表情を浮かべる子どもが増えていきました。

 

スラックライン11-thumb-700xauto-847

 

次は、ゆっくりとラインの上を歩いてみます。
2回落ちたら次の人に交代します。

 

スラックライン10-thumb-700xauto-848

 

先生の補助なしでも上手にできる子どももたくさんでてきました!

 

スラックライン13-thumb-700xauto-849

 

しっかり前をみて、ゆっくり進んでいきます。

「ぼくスラックライン苦手なんだ…。」
とさっきまで言っていた子どもが、練習を重ねるたびにどんどん上達していき、笑顔になっていく様子もみられました。

 

スラックライン17-thumb-700xauto-850

 

そして最後は上級者編にみんなで挑戦します!
片足で立ち、それを5秒間キープします。
そのあとにラインの上で座り、5秒間キープします。
これの繰り返しです。
2回ラインの上から落ちてしまったら交代です。

 

スラックライン18-thumb-700xauto-851

 

さっそく挑戦してみます!
上級生の子どもたちは、ためらうことなく挑戦し、少しの補助で座ることができている様子。
しかしそこから立ち上がるのが難しく四苦八苦していました。

 

スラックライン15-thumb-700xauto-852

 

低学年の子どもたちも補助なしで座ることができる子もいます!
立ち上がる練習をしていきます。

 

スラックライン16-thumb-700xauto-853

 

そして練習を重ねていくうちに…
ついに立ち上がることができました!
これには先生もびっくりしていました。
子どもたちもうれしそうな様子です。

 

スラックライン19-thumb-700xauto-854

 

最後に、福田先生から大切なお話をいただき、本日のプログラムは終了です。
「もう終わりなの?!」
「もっとやりたい!」
「先生のサインがほしいよ~!」
と子どもたちは名残惜しそうな様子でした。

はじめは「できない」と言っていた子どもも、
練習を積んでいくにつれて、たくさんの成功体験をできたことと思います。

本日お世話になったみなさま、本当にありがとうございました。


応募はこちら

スミセイアフタースクールプロジェクトでは年間50ヶ所、全国どこへでも無料で
プログラムをお届けします!お気軽にご応募ください!

プロジェクトにご応募いただいた団体にもれなく、学童保育等でご活用いただける
支援員の方のための小冊子「放課後をもっと楽しく!BOOK」をプレゼント!

 
次回募集は来年度