スミセイアフタースクールプロジェクトは「学童保育」、「放課後子ども教室」など、
全国の小学生の放課後を応援しています。

後援

活動ブログReport

健康のプログラム「無形文化遺産“和食”を学ぼう」@熊本県熊本市

プログラム 健康

IMG_9798-thumb-700xauto-290

 

今回は、和食のプログラムを熊本県熊本市植木町にて実施しました!

熊本は、とても気持ちいい小春日和で、
今日伺った児童館のそばに佇む桜の木も、もう桜の花が咲き始めていました。

そんな、本日の和食プログラムのメニューは、
季節の野菜をたくさん使った「沢煮椀(さわにわん)」と「白和え」です。

始めに、四分一先生から子ども達へ「生きるために必要なものは何だろう?」と問いかけがありました。
「酸素!」「水!」「食べ物!」子ども達からは、色々な言葉が・・・。
「今日は、その生きるために必要なもののひとつ、食べ物について学びます。」

この先生の一言と共に、「和食プログラム」スタート!

 

s-IMG_9765-thumb-700xauto-291

 

まずは、出汁(だし)の取り方を学ぶため、
皆で、いりこの頭と腸を取り除きました。

そして、皆で準備をしたいりこの出汁と、
「沢煮椀(さわにわん)」に使用する、昆布と鰹の出汁の味比べをしました。

子ども達の感想は・・・
「おいしい!」「うすい!」「魚の味がする方がいい!」「昆布と鰹の方が香りがいい」等、千差万別でした。

 

s-IMG_9773-thumb-700xauto-292

 

次に、「白和え」を作りに取り掛かりました。

皆で交代しながら、ごまを擦っていきます。

ごまをすり終わった後に、野菜と豆腐を入れて、
再度、皆で交代しながら、協力して材料を混ぜ合わせました!
そして、完成した「白和え」を皆で試食!

 

s-IMG_9777-thumb-700xauto-293

 

子ども達から「美味しい~!」の声が上がります。

「白和え」を堪能しているうちに、「沢煮椀(さわにわん)」も完成しました!

 

s-IMG_9789-thumb-700xauto-295

 

「おかわりもあるよ!」と伝えた瞬間に、子ども達の列ができ・・・。

「美味しい」ごはんを食べていると、
人は、自然と笑顔になるとのだと改めて感じた今日のプログラムでした。

 

s-IMG_9797-thumb-700xauto-296

 

最後に、先生から
「生きるために必要なもの(酸素や水、食べ物等)を、大切にしていきましょう。」とのメッセージを頂き、
今日の「和食プログラム」は終了しました。
四分一先生、そして今回のプログラムに関わってくださった皆様、本当にありがとうございました。

 

s-IMG_9800-thumb-700xauto-297


応募はこちら

スミセイアフタースクールプロジェクトでは年間50ヶ所、全国どこへでも無料で
プログラムをお届けします!お気軽にご応募ください!

プロジェクトにご応募いただいた団体にもれなく、学童保育等でご活用いただける
支援員の方のための小冊子「放課後をもっと楽しく!BOOK」をプレゼント!

 
次回募集は来年度