スミセイアフタースクールプロジェクトは「学童保育」、「放課後子ども教室」など、
全国の小学生の放課後を応援しています。

後援

活動ブログReport

もっと上手になりたい!/「けん玉」@宮崎

オンライン 未来

冷たい木枯らしに冬の訪れを感じる12月初旬、宮崎県小林市の児童クラブの子どもたちに、「世界に広がる!けん玉」のプログラムをお届けしました。けん玉が到着した日から毎日けん玉に励んでいたという子どもたち、コツを聞き練習を重ねる度に上達していく様子がとても印象的でした。

 

けん玉チャンピオンの秋元悟先生を迎えてのけん玉レッスン。まずは挨拶代わりにとけん玉パフォーマンスを披露します。すごい技の連続にみんな驚きの声と共に大きな拍手。これからのけん玉レッスンに期待が高まります。

 

まずは「大皿」「中皿」「小皿」に乗せていく初級編。最初はなかなか安定して皿に乗せることが出来ません。画面越しにみんなの様子を見つめる先生、「あまり高く上げ過ぎない。胸の高さを意識して、お腹の前で乗せる」「1,2,3,のリズムを大切に」アドバイスの声を掛けます。先生の話を聞いて再度、練習に取り組みます。

 

もっと上達するために、1人1人が先生の前でけん玉を披露し、フィードバックをもらいます。「最初、上手に乗せられないのは実はまっすぐ玉が上げられていないから。正しい持ち方で手を安定させて練習していくといい」「ゆっくりしゃがんでから乗せると、身体の動きと玉の動きが合ってくる」。1人1人に丁寧に具体的にコツを伝える先生、現地の先生にサポートされながら聞いたコツを意識して一生懸命練習に励んでいました。

 

「どうしたらもっと上手になりますか?」子どもたちから先生に質問があがります。「けん玉を強く打ってしまうと皿に乗らず弾いてしまう。力を入れて抜くことがとても大事。」先生の言葉にうんうんとうなずき、しっかりと受け止めていました。

 

続いては、「もしかめ」「とめけん」に挑戦する上級編。待ちきれないとどんどんけん玉をやり始めます。けれど先生が「もしかめ」のお手本を見せると、あまりの速さとなめらかさに思わず手を止め、画面に食い入るように見つめる子どもたち。

 

1人1人先生にけん玉を見せるフィードバックでは、「もしかめ」だけでなく、練習してきた「飛行機」を先生に見せたいと張り切ってくれる子も。1人ずつに「もっと上手になるために」と伝えられるコツを真剣に聞き、聞いたコツを意識してさらにチャレンジする。「お、いい感じ」と先生に声を掛けられると嬉しそうな笑顔でさらに張りきってけん玉をやり続けていました。

 

「5年生からけん玉を始めた」という先生の言葉に驚く子どもたち。みんなの方が小さいねと現地の先生方。今から始めたら、もっともっと上手くなれるよと秋元先生から子どもたちにメッセージが届けられました。
一生懸命練習してくれた子どもたち、子どもたちを1人1人丁寧にサポートして下さった現地の先生方、本当にありがとうございました。


応募はこちら

スミセイアフタースクールプロジェクトでは年間50ヶ所、全国どこへでも無料で
プログラムをお届けします!お気軽にご応募ください!

プロジェクトにご応募いただいた団体にもれなく、学童保育等でご活用いただける
支援員の方のための小冊子「放課後をもっと楽しく!BOOK」をプレゼント!

 
実施団体募集中!

スミセイアフタースクール
プロジェクトの
応募はこちらから